足寄監査委員

地域のためのまちづくり 協力・調和で元気でより良い町政

  • スライド1
  • スライド2
  • スライド3
  • スライド4
  • スライド5

 監査委員は、地方公共団体の財務に関する事務の執行及び経営に係る事業の管理又は町の事務を監査するため、地方自治法第195条第1項の規定により、地方公共団体が必ず設置しなければならない独任制の執行機関です。

 町行政がその事務処理を行うに当って、最小の経費で最大の効果を発揮するよう効率よく運営されているか、また、適法であり不正がないかなど、幅広い観点から各種の監査を実施しています。

 監査委員の定数は、足寄町監査委員条例により2人と規定され、足寄町監査基準に基づき、監査が実施されています。