地域のための病院づくり いたわり・おもいやり・やすらぎ・ぬくもり

給食・栄養科

栄養指導について


栄養相談は予約制で行っています(月曜日~金曜日)が可能な限り急な予約にも対応させていただきます。
 それぞれの病態に応じて実践可能なところからアドバイスしていきます。
医師の指導のもと管理栄養士により、糖尿病、脂質異常症、肝臓病、腎臓病などに対する食事相談をパンフレット、フードモデルを活用して、高齢者にも分かりやすく、取り組んでいただけるよう工夫して治療効果が上がるようにサポートします。
入院患者様においては入院中の栄養管理と同時に退院後の家族での食生活管理について充分理解していただくことが大切になります

病院給食について

基本食は米飯食となっていますが好みにあわせてパン食・麺食に調整いたします。
常菜食、軟菜食、きざみ食、ミキサー食、とろみ食、治療食(特別食)食欲のない患者様には 好をお聞きし、できる範囲で代替食を準備しています。
アレルギーや治療上の理由などに食べられない食品がある場合は看護師にお伝えください、こちらも代替食を準備させていただきます。
食材料は食品衛生、安全面に注意をはらい手作りの食事提供に努力しています。

また外来の患者様では食事内容の調査と検査結果から家庭での食生活改善方法を確認把握し、調理担当者が家族である方には御本人と一緒に家族の方にも参加していただき栄養指導をおこなっています。

治療アップのための職種間の協力について

患者様の治療効果を上げる大きな要素である栄養改善を、医師、看護師をはじめ他職種と話し合い、個々の患者様に合った病院給食を提供するよう栄養科スタッフ一同、力を合わせ取り組んでいます。

kyu1.jpg