地域のための病院づくり いたわり・おもいやり・やすらぎ・ぬくもり

お知らせ

旭川医科大学看護学科「早期体験実習」受け入れ

旭川医科大学「早期体験実習Ⅱ看護」の実習受け入れが終わりました。

当院だけでなく、町内の各施設を巡るハードな実習でしたが、本当の意味での連携を感じ取ってくれたのではないかと思っています。

個人の看護目標に加え事前報告会を行うなど、レディネス学習の充実に取り組まれており、実際に各施設を見学していく中で学生自身が自ら学びとる能力を高めて積極的に実習を進めることができていました。

「保健・医療・福祉の現場に触れさせ興味と関心を高める」という目的は、実習中カンファレンスや実習報告会に参加させていただき、目的以上の学習ができていたと思います。

今回の「早期体験実習Ⅱ看護」を通し、さまざまな刺激を受け、視野が広がり、その後の学習に少なからず影響を与えることができれば幸いです。

今後も有意義な実習を体験できるように取り組んでいきたいと思います。