笑顔がつながるまちづくり まなび・つながり・ささえあい

BOEブログ

緊張しました~

 3日の日曜日、NPO法人あしょろ観光協会主催の「足寄町観光体験ツアー」に同行させてもらいました。毎年、方面別に町内の名勝地を巡り足寄町を再発見する体験ツアーとして人気の事業です。今年のテーマは、明治から終戦まで足寄町内に24,000haという広大な敷地を占有していた軍馬補充部の歴史をとおし、「馬」とそれに関わった「人」の歴史を学ぶというものでした。
なぜ、私がその事業に同行したかというと、本事業の主催である観光協会の伊藤事務局長から「足寄にあった軍馬補充部を学びながらツアーを企画したので、ツアーガイドをやってくれないか」という話をいただいたからでした。仕事の関係で少し軍馬補充部を調べただけだった私は「勘弁してください。できません」と何度もお断りしたのですが、今までとは違う体験ツアーにしたい、参加者の皆さんに軍馬補充部が足寄にあったことを知ってほしい、という伊藤事務局長の強い思いを断りきれず承諾してしまったしだいです。
 ガイド役を受けはしたものの、軍馬補充部に関する知識も十分ではないため、不安の募る毎日でした。軍馬補充部は陸軍施設だったため、その内部に関する資料はほとんど残っていません。足寄町と本別町の町史を再度見たり、以前、軍馬補充部について調べたときからお世話になっている(ツアー当日もお世話になりました)本別民俗資料館の田野館長にもご教授いただきながら、何とか資料をつくり当日を迎えることができました。
 当日は、前日の雨が嘘のような快晴に恵まれました。参加者は関係者含めて40人。町のバスがほぼ満員。参加者の多くは私よりも人生経験豊富な先輩の皆さんばかり。教育委員会事業等でもお世話になっている町民の皆さんも多く含まれる中、車中での説明がはじまりました。いや~緊張しました、暑さだけではない変な汗が・・・。
 緊張のあまり、伝えたいことが伝えられたのか、今回の事業の趣旨にあうように説明ができたのか全く分かりません。ただ、参加された皆さんの温かい対応のおかげで、何とかその大役を終えることができたというのが実感です。皆さんから労いの言葉をいただくこともでき感謝しています。皆さん本当にありがとうございました。
 最初は、ちょっと伊藤事務局長のことを恨みそうになりましたが(笑)、終わってみればこのような貴重な機会を与えていただきました家常理事長、伊藤事務局長を始めとする観光協会の皆さんに深く感謝したいと思います。今度はもう少し期待に応えられるよう、そして、少しはましに説明できるよう頑張ります。

                                        (Y)

IMG_1681.JPG