笑顔がつながるまちづくり まなび・つながり・ささえあい

あしょろの給食

6月6日(月)の給食

DSCN2869.jpg

【今日の給食】

 ・白米

 ・ししゃもフライ

 ・梅鰹和え

 ・きのこ汁

 ・牛乳

【今日の紹介】

DSCN2868.jpg

        ↑  こちらです  ↑

 見ているだけで口が萎んで唾液があふれますね!の、梅になります。

 こちらはペースト状になっており、1キロの袋でどのくらいの梅が

 使用されているのかは定かではありませんが、

 見た感じですと・・・たくさんですね(^_^;)

 本日は、「梅鰹和え」の調味料の1つとして使用しました。

 そして、梅の実態をスッパ!抜いてみました。

  ★梅干しの効果★

・血液を弱アルカリ性に保つ
 アルカリ性食品を補うことでカラダを調整する時に梅干しは最適。

・血液がきれいサラサラになる効果もあり。


・整腸作用・殺菌作用 
 梅干しの中のカテキン酸は抗菌・滅菌の働きがある。

・解毒作用

・疲労回復
 クエンは、カルシウムの体内吸収率を高める働きもある。


・血糖値を下げる効果
 インスリンの働きが高まり、血糖値を下げ糖尿病や高脂血症の予防に。


・高脂血症予防には
 中性脂肪やコレステロールも下げる効果があリ。


・胃への効果
 人間は梅干しのように刺激となるものを食べた時体を守ろうとする働きがあり、胃壁を守る。

・胃ガンの予防
 梅干しには、胃ガンの原因となるピロリ菌を抑制する働きもあり。


・唾液への効果

・紫外線から血管を守る
 梅干しは冷えてるほど吸収が良く、寝る前に梅干しをつぶした水を飲むと効果的。

 と、上記のような効能があると云われています。

 夏場にかけて、ウメェ~ように身体に取り入れたいですね。