笑顔がつながるまちづくり まなび・つながり・ささえあい

あしょろの給食

号外 NO:1

夏休みになり、給食センターも業務が停止しています。

日々の緊張感から解放される、暫しの休息です。

さて、最終ブログで重大発表を匂わせておりましたが、

大変お待たせいたしました!(^_^)/  何号かに渡りその全貌をお伝えいたします!

☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★

去る7月26日に、置戸町から講師をお招きして、

私たちの調理技術の向上を図りました。その講師とは、今話題のこちらの方。↓   

皆さん、ご存じでしょうか?! 

DSCF7251.JPG

     佐々木 十美 さん   です

ここで、十美さんの略歴を。

1951年、北海道置戸町生まれ。

名寄女子短期大学栄養学科(現・名寄市立大学)を卒業後、

72年から置戸町立学校給食センターの栄養士を務めてきた「給食の母」。

2007年からは置戸町立置戸小学校栄養教諭を兼務。

定年退職した現在は置戸町の「食のアドバイザー」として町内での活動のほか、

料理講習や講演で全国を飛び回る日々。

DSCN3165.jpg

私自身何度もお会いさせていただいておりますが、

年齢からは信じられない位のバイタリティー溢れる方です。

無添加、地場産、手作り給食に40年以上も拘り抜く姿勢、

そして何よりも、

供達の未来の為に長い年月を貫き通す信念が非常に魅力的で、

いつも勉強させていただいています。

(十美さんをより知りたい方、著書も何冊か出ておりますので 

 是非ともレシピ本もご一緒にお買い求めください♪)

その十美さんが、

給食で1番思い入れの強い献立で、

置戸町の名物と言っても過言ではないのが「カレーライス」 です。

19種類のスパイスを調合し、3週間寝かせて作られるカレールーを

足寄の子供たちの為に伝授していただきました。

超本格的で本物のと~っても辛~いカレー。

子供達に提供されるのは、8月19日になります。

どんな顔をして味わうのか・・・今からわくわくです。

そのルー作りの全貌などは次回のブログで。。。

まずは、

スケジュールの合間をぬって講師を引き受けてくださいました十美さんに、

お礼と感謝を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました<(_ _)>