笑顔がつながるまちづくり まなび・つながり・ささえあい

あしょろの給食

9月2日(金)の給食

DSCN3291.jpg

【今日の給食】

 ・すきやき丼

 ・白菜レモン漬け

 ・さつま汁

 ・牛乳

【今日の紹介】

 本日は、牛肉・玉葱・こんにゃく、椎茸、かまぼこの煮込んだものを

白米にかけて食べる、どんぶりご飯でした。

吉○家、す○屋に負けず劣らずのすきやきのグ~が、

ドンっ!!と出来ましたー。

DSCN3290.jpg

全国丼ファンの方々が、「丼文化」を世界に発信している組織

「ALL JAPAN DONBURI UNION」の記録では、

「丼の誕生は室町時代の、ご飯に野菜等と出汁を加えた芳飯と云われているのが

原点」と記されておりました。

本格的に広がりを見せたのは江戸時代。

江戸っ子気質も大きな成立要因だったとのこと。

ご飯も手早く食べたい江戸っ子気質が、飯の上に直接おかずを載せ

一杯の丼に「天ぷら」と「飯」を融合せしめたのが始まりだそう。