笑顔がつながるまちづくり まなび・つながり・ささえあい

あしょろの給食

9月7日(水)の給食

DSCN3303.jpg

【今日の給食】

 ・ミートソーススパゲティ

 ・キャベツとベーコンのスープ

 ・ブルーベリーゼリー

 ・牛乳

今日の紹介】

 ブルーベリーゼリーです。

 こんにゃくのような物体は「ナタデココ」。

 一世を風靡した食品です。

 あの一大ブームを記憶にしておりますか?

 あるという方・・・・・失礼ですが、結構お歳を召していますね(笑)

DSCN3302.jpg

 本日は、まだまだ知られざる正体をお伝えいたします。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★

 日本で知られるようになったのは1992年のことでした。

 フィリピン出身のデザート、

 正確には「ナタ・デ・ココ」です。(スペイン語になります)

 スペイン語で「ナタ」は、(液体表面の)皮膜。

「ココ」は、ココナッツのこと。

ナタ・デ・ココ= ココナッツ水の上の皮膜

 といった意味合いになります。

 ココナッツの液体の中に水と砂糖、

 酢酸菌の一種であるナタ菌(アセトバクター・キシリナム)を入れると発酵し、

 表面からゲル状に固まっていきます。それを采の目に切れば完成。

 発酵食品だったナタデココ。

 実は、99%が水分で、

 残りの1%は不溶性食物繊維(水に溶けない食物繊維)でできています。

 食物繊維でお腹が膨らみ、満腹感を味わえるのでダイエッターの味方です。

 コリコリとした適度な歯ごたえも、満腹中枢を刺激してくれます。

 こんにゃくや果物以上に高い効果が期待できそうですよ?

 いかがですか?!