笑顔がつながるまちづくり まなび・つながり・ささえあい

あしょろの給食

9月15日(木)の給食

 ※ カメラの不具合により、全体写真の撮影ができませんでした。

【今日の給食】

 ・ナカヤ小豆パン

 ・ウサギハンバーグ

 ・マカロニサラダ

 ・そうめん汁

 ・月見団子

 ・牛乳

今日の紹介】

 今日は「仲秋の名月」です。いわゆる十五夜。

 それにふさわしく、

 かわいいウサギちゃんのハンバーグが提供されました。

DSCN3320.jpg

 そして、欠かせないお月見団子も。

DSCN3322.jpg

 なぜ、十五夜にウサギが登場するのでしょうか? 理由はある逸話にありました。

 昔、狐と猿、うさぎが一緒に暮らしていると

 お腹を空かせて死にそうになっているおじいさんがおり、

 食べ物を恵んでくれとせがみました。

 狐と猿は食料を捕まえて持ってきますが、

 うさぎは何も捕って持ってくることが出来ませんでした。

 もう一回うさぎは食料を捕りに行きますが、どうしても捕って来れません。

 うさぎはおじいさんのために、自らの命を捧げてそばで焚いていた火の中に飛び込みます。

 おじいさんは悲しみ、

 うさぎの清らかな魂を誰しも見ることができるように・・・と、月の中に写します。

 実はおじいさんは「帝釈天」という神様だったという言い伝えがあり、

 今も語り継がれているんですね。

 ここで問題。

 十五夜には月見団子を食べますが、他に何を食べるのが良いのでしょうか? 

 答え サトイモ・収穫して得た果物や野菜です。

 幸せを得ることが出来ると言われています。

 因みに、月見団子は十五夜の時は15個食べると良いとされています。

 レッツ・トライ♪(^_-)-☆