笑顔がつながるまちづくり まなび・つながり・ささえあい

あしょろの給食

1月17日(水)の給食

CIMG1826.jpg

【今日の給食】

 ・醤油野菜ラーメン

 ・味噌焼きおむすび

 ・牛乳

【今日の紹介】

 CIMG1823.jpg

 お味噌に大葉の風味をふんだんに混ぜ、焼きおむすびにしました。

 本日は「おむすびの日」と制定されていますので、給食でも取り入れてみました。

 おむすびの日の由来は、

 1995年の阪神淡路大震災から。遡ること23年前となっております。

 被災された方々は、冬の寒空の中食べるものに困っていました。

 が、すぐに支援の手が差し伸べられ「おむすび」の炊き出しが行われました。

 その後、ボランティアの方々への感謝の意も込め、

 お米の大切さと食生活を見直す運動が始まりました。

 それが「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」となり、

 その協議会が2000年に、

 「おむすびの日」と定めたのが由来となっているようです。

 おむすび=むすび=結ぶ

 人と人が手を結ぶという意味合いもあるようです。

 1月17日という日に制定したのも、

 大震災を風化させないようにと願いが込められているそうです。