笑顔がつながるまちづくり まなび・つながり・ささえあい

教育委員会からのお知らせ

たくさん経験と思い出を胸に、無事にカナダから帰ってきました!

 9月21~29日まで、カナダ・アルバータ州のウェタスキウィン市にて姉妹都市交流のため、研修を行ってきた足寄高校の1年生代表4名が安久津町長を訪問し、実施報告を行いました。

DSC_0020.JPG

 白井大介さんは

「私自身、カナダへの訪問は2回目だが、1回目の訪問では体験できなかったホストファミリーとの交流がとても思い出に残っている。日本語の名前をつけるという実践プログラムでは、お茶好きのお父さんには"お茶"にちなんだ名前、笑顔が素敵なお母さんには"笑"の漢字が入った名前をプレゼントし、意味を伝えたらすごく喜んでもらえて嬉しかった。今回の研修では新しい価値観をたくさん感じることができた。」

と語ってくれました。

DSC_0022.JPG

 青木萌々花さんは

「研修の中でホームステイが一番楽しかった。リヴァイさんの自宅に滞在したが、家族のみんながとても優しく色んな所に連れていってもらい、たくさんの体験をさせてもらった。カナダの雄大な自然、そしてホストファミリーの温かいおもてなしに触れ、日本での不安や悩みごと全てがとても小さく感じた。将来は、こんなに素晴らしい体験させてもらった足寄町に恩返しがしたい!」

と目を輝かせながら話してくれました。

DSC_0031.JPG

 生徒一人一人が、それぞれの体験談を語ってくれました。

 今回のカナダ研修で出会った人たちや感動、そして学んだこと忘れず今後の生活に活かして欲しいです!そして将来、国際的に活躍できる人間になってください!

 訪問団の皆さん、改めておかえりなさい♪