笑顔がつながるまちづくり まなび・つながり・ささえあい

教育委員会からのお知らせ

足寄中学校の代表選手、第20回北海道ジュニア陸上競技選手権大会出場!

 9月2日(日)に小樽市で行われる第20回北海道ジュニア陸上競技選手権大会に出場する足寄中学校陸上競技部の選手2名が町民センターを訪れ、藤代和昭教育長に出場報告を行いました。

 「走り幅跳び」に出場する、2年生の新津咲羅さんは「私たちにとって、初めての全道大会出場なので自分たちの力を出し切ることに集中し、たくさんのことを学んできたいです。」と語り、1500mに出場する1年生の工藤春さんは「初めての全道大会で、とても緊張しているが自己ベストを目指してがんばります!」と力強く語ってくれました。

2.jpg

 藤代教育長は「大切なのことは今持っている力を出し切ること。季節がかわる時期でもあるので、体調管理に気を付けて自己記録を目指してがんばってほしい。そして、この経験をこれからの長い人生の生きる力に役立ててほしい。君たちの頑張りが、他の足寄中生徒たちの背中を押してくれればいいなと思っています!ご両親、それから指導してくれている先生方への感謝を忘れず、頑張ってきてください!」と激励の言葉を述べました。

zrwemlc.jpg

 2年生の新津咲羅さんは、9月22~23日に釧路市で行われる「第25回 北海道中学校新人陸上競技大会」の四種競技と100mハードルにも参加します。

 足寄町のみんなが選手の皆さんを応援しています!がんばってきてね!