• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

あしょろルポ

足寄中学校で生教育授業

 7月6日
 足寄中学校(廣瀬正幸校長)の地域参観日で、3年生を対象とした「生教育授業」が行われました。これは、乳児との触れ合いや子育て中の母親の話しを聞き、命の尊さや育児についての理解を深めることを目的として行われたもので、この日は、協力する町福祉課保健師や赤ちゃんとその母親13組が同校を訪れました。
 生徒はグループに分かれ、赤ちゃんを抱いたり、あやしたりして触れ合ったほか、子どもが生まれた時の心境や将来どんな子に育ってほしいかなど、母親に質問していました。
 娘のさくらちゃん(6カ月)と一緒に参加した田口智子さんは「親が自分のことをどれだけ大切に思っているか、私は出産を通しあらためて知った。生徒たちには、中学生のうちから知ってほしかったから」と参加した思いを話してくれました。
 また、以前両親に自分が生まれたときの心境を聞いたという仲條雄司くんは「自分が生まれたとき、『とってもうれしかった』って言われて、本当にうれしかった」と振り返っていました。
201207061.jpg