• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

あしょろルポ

「未来の足寄と森林(もり)をはぐくむ」植樹祭

 10月8日
 (独)森林総合研究所森林農地整備センター札幌水源林整備事務所(本郷文哉所長)主催による記念植樹祭が町大誉地地区で開催され、関係者や大誉地小学校児童ら64人が参加しました。この植樹祭は、町内での水源林造成が5000ヘクタールを達成したことを記念して行われたものです

 主催者を代表し本郷所長が「数年前にうけた台風被害も、皆さまのご努力により今年度復旧が完了する予定。本日、大誉地小学校の児童の皆さんとともに植樹を行い、次世代にこの森を引き継いでいきたい」とあいさつした後、参加者らが手分けしてカラマツ200本を丁寧に植え付けました。
 その後、同校児童による
10年後の自分へのメッセージを書いたタイムカプセルの埋設が行われ、児童会長の佐々木瑠奈さん(6年)が「今日植えた木が無事に大きく育ち、自然や人々のために役に立つ木になってほしい。そして10年後にタイムカプセルを開いたとき、皆さんがどうなっているのか楽しみです」とあいさつ。参加者全員で水源林造成5000ヘクタール達成の節目を祝いました。

131008shokujyu1.jpg

131008shokujyu2.jpg