• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

あしょろルポ

第4回九州大学農学研究院と足寄町との協力協定に基づく講演会

10月24日
 第4回九州大学農学研究院と足寄町との協力協定に基づく講演会「地域の生物資源を活かし環境を守る」があしょろ銀河ホール21で行われ町内外約50人が聴講しました。
 『廃棄物バイオマスの微生物変換を介した循環利用―バイオマス利用は必ずしも環境に優しくない?―』と題し講演した同研究院の酒井謙二教授は、バイオマス資源の種類や特徴の説明をし「バイオマス利用には適正な再生、循環システムを計画することが重要」と述べました。
  また『環太平洋連携協定(TPP)の問題点と我が国農畜産業への影響―北海道農畜産業を視野に入れて―』と題し講演した同研究院の福田晋教授は、環太平洋連携協定(TPP)の問題点や国産食材の生産減少をシナリオ付けて説明し「今後は生鮮農畜産物のコスト競争力に正面から対抗するのではなく、付加価値を付けた信頼できる食品の生産と販売戦略が重要となる」と話し、食料供給産業と消費者の連携を行うことの重要性を訴えました。

131024.jpg