• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

あしょろルポ

足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会

 8月15日
 足寄の夏を彩る「第35回足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会」(実行委員会主催)が8月15日に町民センター駐車場と利別川河川敷で行われ、町内外から約20,000人が訪れ、過ぎゆく夏のひとときを過ごしました。
 祭りは、足寄町地域子ども会育成連絡協議会(佐々木寿雄会長)による子ども縁日で幕を開けました。スーパーボールすくいや射的、コイン落としなどのさまざまなブースには多くの家族連れが訪れ、にぎわいをみせました。
 午後5時30分から始まった足寄ふるさと盆踊りでは、みんなで楽しむ足寄音頭・子ども盆踊りが行われ、色とりどりの浴衣や甚平姿の子どもたちが足寄音頭に合わせて元気良く踊っていました。
 その後行われた餅まきでは、やぐらから大量の餅がまかれ、大勢の人々が餅を取ろうと懸命に手を伸ばす姿がみられました。
 続いて行われた仮装盆踊りには個人の部に10人、団体の部に9団体が出場。人気アニメのキャラクターやピエロなど、さまざまなアイデアを詰め込んだ仮装で観客の目を楽しませていました。なお、個人の部では「てんにょ」、団体の部では「爺爺G12」が優勝しました。
 午後7時15分から行われた両国花火大会ではナイアガラの滝やスターマイン、中国花火など8,000発もの花火が足寄の夜空を彩り、詰め掛けた観客からは歓声や大きな拍手が上がっていました。
 

140815-1.jpg

140815-2.jpg

140815-3.jpg

140815-4.jpg

(写真左から)仮装盆踊りで優勝した「てんにょ」(個人の部)と「爺爺G12」(団体の部)

140815-5.jpg

140815-6.jpg