• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

あしょろルポ

吉川友二さん・千枝さん夫妻が農林水産省生産局長賞を受賞

 8月1日
 町喜登牛で放牧酪農を営む吉川友二さんと千枝さんが、このたび第1回全国自給飼料生産コンクール(日本草地畜産種子協会主催)の放牧部門で農林水産省生産局長賞を受賞しました。同コンクールは、自給飼料の効率的な生産や利用技術、放牧等の環境に調和した持続的な生産・経営方式等優秀な事例を表彰するもの。
 吉川さん夫妻は、現在72ヘクタールの草地で乳用牛約100頭を放牧により飼養しており、粗飼料の自給率は100%。放牧による周年屋外飼養を基本とし、化学肥料を使用しない自然循環型の有機酪農を目指しています。また、自家産の牛乳を使ったチーズやヨーグルトも製造・販売するなど6次産業化にも取り組むほか、足寄町放牧酪農研究会や新規就農の会の会長を務めるなど地域の活性化にも尽力しています。
 この日、受賞の報告に役場を訪れた千枝さんは「このような賞を頂けたのは、支えてくださった皆さんのおかげ。周りの皆さんに感謝し、これからも精進していきたい」と喜びの言葉を述べました。
 安久津勝彦町長は「吉川さんの受賞は、町としても大変名誉なこと。これまで吉川さんが試行錯誤の末積み重ねてきた実績が評価されたものと思う。吉川さんは楽しんで酪農経営をされており、良い見本となる方。新規就農者のカリスマでもあるので、今後は後進の指導を期待しています」と話しました。

140801yosi.jpg