• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

あしょろルポ

地場産食材を使った町民の大試食交流会

 11月22日
 足寄町農畜産物加工開発研究会主催による「地場産食材を使った町民の大試食交流会」が町民センターで開催され、約150人が参加しました。
 同研究会の南田治光会長が「これまで3年間行ってきた研究の成果として試食会を開催することができた。本日のメニューには、安全・安心の地場産食材を使っているので、食べてご意見をいただきたい」とあいさつしました。
 また、来賓として出席した渡辺俊一副町長は「試食交流会での意見を踏まえ、地場産食材を使った新商品やB級グルメに発展していくことを期待しています」と祝辞を述べました。
 その後、参加者らは、同会が研究・開発した螺湾ブキや鹿肉、乳製品などを使った料理や授業でフードデザインを専攻する足寄高等学校の生徒13人が作ったイチゴのデザートなど47品を試食し、それぞれの味を評価していました。
 卒業後、調理師専門学校に進学する予定の谷口ちひろさん(足寄高3年)は「足寄産のイチゴは色や品質が良いので、スムージーを作りました。混ざらないように層にするところが大変でした」と笑顔で話しました。
151122sishoku1.jpg

151122sishoku2.jpg