• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

あしょろルポ

ふるさとを考える町民のつどい

3月8日

 第30回ふるさとを考える町民のつどい(足寄町自治会連合会主催)があしょろ銀河ホール21で開催され、約70人が参加しました。

 まず初めに安久津勝彦町長による講演「足寄町の自治会活動の未来について」が行われ、参加者は、自治会と行政の連携が住み良いまちづくりにつながることを学びました。また、安久津町長は「先の東日本大震災の際も、多くの命を救ったのは行政ではなく自治会組織の互助です。もし、足寄町で災害が起こったら間違いなく各自治会の協力が必要になります。普段から、行政と自治会組織間での情報共有を」と訴え掛けました。

 その後、株式会社 HARPの白井芳明常務取締役が「これだけは知っておきたい!生活に関わるマイナンバー制度」と題し、マイナンバー(個人番号)制度の利点や利便性などについて講演しました。白井さんは「各種報道では、マイナンバー制度の負の部分ばかりが伝えられていますが、安心して使える仕組みが講じられています。また、マイナンバー制度に便乗した不審な電話や詐欺が増えています。公的機関を名乗った人物から、マイナンバーや資産を聞き出すことは絶対にありません。十分に注意をして」と話しました。

160308.jpg

160308-2.jpg