• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

あしょろルポ

足寄中学校全道大会出場報告

 7月19日
 陸上や水泳、卓球で全道大会に出場する足寄中学校(長江教貴校長)の生徒21人が町教育委員会を訪れました。出場するのは北海道中学校水泳大会(7月30日~31日・帯広市)、北海道中学校陸上競技大会(7月25日~27日・北見市)、北海道中学校卓球大会(7月29日~31日・八雲町)の3大会。
 各部を代表し「レベルの高い大会なので、全力で走りたい。3年間支えてくれた保護者、顧問の先生方に感謝し最後のレースに挑みたい」(陸上、伏見拓海君・3年)、「リレーはみんなで最後までバトンをつないで全力で走りたい。個人種目の200mは全国を目指したい」(陸上、青木萌々花さん・3年)、「日頃の厳しい練習の成果を全員で発揮できるよう頑張りたい」(水泳、山田陸玖君・3年)、「昨年に引き続きリレーでメダルを取れるよう練習の成果を全部だして頑張りたい」(水泳、佐藤裕実子さん・2年)、「今まで練習してきたことを全力で発揮し、悔いの残らない試合にしたい」(卓球、青砥悠さん・2年)と抱負を述べました。
 最後に藤代和昭教育長から「毎日、大変な練習を積んできたことに敬意を表し、心から大きな拍手を送りたい。全道大会は晴れ舞台。不安になることもあるかと思いが、周りの選手や雰囲気は気にしないで、自分のベストな動きをイメージし今持っている力を十分発揮してほしい」と激励しました。160719zendou.jpg