• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

予防接種

定期予防接種

定期予防接種としてヒブ、肺炎球菌、四種混合(又は三種混合と不活性化ポリオ)、BCG、麻しん風しん混合、水痘、日本脳炎、子宮頸がん、B型肝炎の予防接種を無料で行なっています。
希望する接種日の1週間前までに医療機関の予約が必要です。
適切な時期に予防接種を受け、免疫をつけることが大切です。
予診票は赤ちゃん訪問の際にお渡ししていますが、お手元にない場合は保健推進担当(25-2571)までご連絡ください。

子宮けいがん予防接種について

子宮けいがんは、毎年国内で約15,000人が発症し3,500人が死亡していると報告されています。発症年代は他のがんとは違い、20歳代前半から増え始め20歳代、30歳代の若い方の発症が多いという特徴があります。
子宮けいがんの原因の多くはウイルスの感染によるものであり、このウイルスはヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれ、ヒトの肌等に付着しているありふれたウイルスで、ほとんどの女性は一生に一度はこのHPVに感染すると言われています。HPVは感染しても抗原として認識されにくく十分な抗体を産生する可能性が低いことが知られています。抗体が なくても多くの場合自然排出されるのですが、感染が持続し細胞が「がん細胞」となってしまうことがあります。
子宮けいがんワクチンは、このHPVに対する免疫を作ることでがん細胞の発生を防ごうというもので、日本では平成22年に認可されました。

1.対象者    

足寄町に住民票のある中学1年生~中学3年生の女子及び高校1年生
※HPVは100種類以上あり、ワクチンで免疫を獲得できるのは2種類又は4種類についてであり、接種後の免疫には個人差もあることから予防接種を受けても100%子宮けいがんを予防できません。
ワクチンとあわせて20才から定期的に子宮けいがん検診を受けることが大切です。

2.接種回数

  3回(初回の1ヵ月後と6ヵ月後に再接種)

3.実施場所・日時

  希望する日の1週間前までにご予約ください


医療機関

足寄町国民健康保険病院
電話 25-2155
接種日 通常診療日
受付時間 午後1時から4時 (1日5名までの定員)

ホームケアクリニックあづま
電話 25-5050
接種日 毎週月曜日
受付時間 午後1時~4時