• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

町の歴史

明治

明治 2年 蝦夷を北海道と改め、11国86郡を創設。
旧西足寄町は十勝国中川郡、旧足寄村は釧路国足寄郡に属する。
明治 7年 大森勇蔵、シカ皮仲買のため稲牛に入る。
明治12年 細川繁太郎・ヱン夫妻、白糠から中足寄に移住。
明治30年 足寄太原野の区画測定、翌年から貸し付けを開始。
明治32年 本別から足寄まで道路開さく。
明治34年 伊東重記が喜登牛に入り、芽登温泉を確認。
明治35年 足寄簡易教育所開設(旧東小学校の前身)。
明治36年 安藤證道が寺子屋式教育を始める(足寄小学校の前身)。
仮定県道、本別から上利別まで開通。
足寄太駅逓開設。
明 治37年 足寄太特別教育出張所開設。
村上栄四郎が中足寄で私塾授業を始める(旧中足寄小学校の前身)。
明治39年 上利別から淕別(現陸別)に至る道路完成。
明治40年 足寄郵便局開設。
足寄太-中足寄間植民道路開通。
明治41年 白糠、足寄両郡各村戸長役場から分離し、足寄外3カ村戸長役場設置。
中足寄-螺湾間植民道路開通。
明治42年 足寄太巡査駐在所設置。
螺湾-上足寄間植民道路開通。
明治43年 陸軍軍馬補充部釧路支部足寄出張所開設。
池田-淕別間鉄道開通。
足寄駅、上利別駅開業。

大正

大正 2年 大誉地駅開設。上足寄-淕別間道路開通。
大正 3年 上足寄駅逓開設。
足寄-芽登間道路開通。
足寄森林監守駐在所開設。
大正 4年 芽登-上士幌間道路開通。
大正 6年 足寄太公設消防組認可される。
大正 7年 足寄太尋常小学校高等科を併置。
大正 8年 淕別村・利別村2村を分離し、足寄外1カ村(足寄村・螺湾村)戸長役場となる。
台風で足寄地区が大洪水、農地・橋梁の被害甚大。
大正10年 本別村から分村、西足寄村(2級町村制)となる。
大正12年 足寄外1カ村戸長役場が2級町村制施行、足寄村となる。
足寄市街に電話架設。
大正14年 森林鉄道が上足寄37線まで開通。

昭和

昭和 2年 足寄-上士幌間に定期乗合自動車営業開始。
昭和 4年 足寄-本別間に乗合自動車営業開始。
昭和 7年 茂足寄から尻駒別までの道路完成。
昭和 8年 西足寄村役場庁舎新築。
昭和 9年 足寄村役場新築移転。
昭和10年 冷害・霜害、大凶作。
昭和13年 螺湾郵便局電信電話事務を開始。
昭和14年 足寄村・西足寄村に警防団結成。
昭和17年 足寄村・西足寄村に森林組合設立。
昭和20年 冷害、凶作。食料・物資が極度に欠乏する。
昭和21年 日本医療団西足寄病院開設。
昭和22年 新制中学校開設。
足寄部落に電灯がつく(農村電化第1号)。
昭和23年 足寄郡が釧路支庁から十勝支庁の所属となる。
昭和24年 九州大学演習林設置。
本別高等学校西足寄分校を西足寄中学校に設置。
昭和25年 西足寄村が町政を施行、西足寄町となる。
昭和26年 第1回観光祭、雌阿寒岳山開きを開催。
昭和28年 現241号が国道に昇格。
昭和29年 町立家政学院が正式認可となる。
昭和30年 西足寄町と足寄村が合併、足寄町となる。
昭和33年 町村合併ならびに役場庁舎落成記念式典挙行。
昭和36年 足寄村農業協同組合と西足寄町農業協同組合が合併、足寄町農業協同組合となる。
昭和37年 第1回公民館祭(後の文化祭)開催。
仙美里ダム完成。
昭和38年 道道留辺蘂-西足寄線が2級国道に昇格(242号)。
昭和40年 町章・町民歌を制定。
国保病院新築。
昭和43年 国営大規模草地事業起工。
昭和45年 池北三町浄化センター、し尿処理場完成。
昭和46年 過疎指定地域となる。
昭和47年 雌阿寒岳頂上で落雷事故(小学生児童1人死亡)。
昭和48年 国営足寄地区大規模草地育成牧場完成。
昭和49年 共同作業場新築、木彫の量産体制に入る。
昭和50年 足寄町特別養護老人ホーム開所。
町民憲章制定。
昭和51年 デスモスチルスの化石が発掘される。
昭和53年 開基70周年~町の花・木・鳥を決める。
昭和54年 高齢者生きがいセンター開所。
昭和55年 第1回東京と足寄を結ぶ、ふる里会を東京で開催。
昭和56年 (株)雪印乳業足寄工場閉鎖。
昭和57年 第1回足寄ふるさと花まつり。
里見が丘野球場完成。
昭和58年 町民センター完成。
昭和60年 第3次足寄町総合計画答申。
昭和61年 第1回町民ジェット、カナダを視察。
昭和63年 開基80周年記念式典。
第1回オンネトー湖上コンサート開催。
第1回全国足並みサミット開催。

平成

平成元年 緑の映えるまち宣言。
ふるさと銀河線開業。
緑と森のフェスティバル開催。
町のマスコット「アユミちゃん」誕生。
平成 2年 足寄へリポート開港。
ウェタスキウィン市と姉妹提携調印。
総合体育館開館。
平成 3年 心身障がい児通園施設あゆみ園開設。
足型80枚を観光通りに敷設。
平成 4年 一般廃棄物最終処分処理場施設供用開始。
世界初のヒゲクジラ化石の名前がつく。
町文化財第1号にシオワッカ指定。
平成 5年 チーズ工場・エーデルケーゼ館オープン。
道の駅「足寄湖」指定。
平成 6年 足寄町デイサービスセンターオープン。
足寄町温水プールオープン。
平成 7年 あしょろ銀河ホール21(足寄駅)落成。
平成 8年 エゾ鹿解体処理加工施設稼動。
平成 9年 オンネトー青年の家閉所。
道立足寄少年自然の家「ネイパルあしょろ」オープン。
平成10年 足寄動物化石博物館「フォストリーあしょろ」オープン。
開町90年記念式典。
足寄町消防総合庁舎落成。
平成11年 九州大学北海道演習林創設50周年記念式典。
平成12年 足寄小学校開校(西小・東小・中足寄小が統合)。
オンネトー湯の滝マンガン酸化物生成地が国の天然記念物に指定される。
国民健康保険病院落成。
平成13年 足寄下水終末処理場通水式。
平成14年 足寄西中学校、上利別中学校、螺湾中学校閉校。
銀河クリーンセンター落成。
ゴミ分別収集開始。
平成15年 農業農村活性化施設「らわん蕗の里」落成。
道東自動車道足寄IC開通。
平成16年 放牧酪農推進のまち宣言。
道の駅「あしょろ銀河ホール」指定。
平成17年 足寄町農業協同組合と足寄町開拓農業協同組合が合併、(新)足寄町農業協同組合となる。
芽登木質ペレット工場操業開始。
平成18年 雌阿寒岳噴火。
ふるさと銀河線廃止。
役場庁舎落成。
平成19年 あしょろ子どもセンター落成。
平成20年 開町100年記念式典
平成21年 新規就農研修センター落成。
火葬場の落成。
平成22年 多目的観光施設の落成。