• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

給与所得者の年末調整について

給与所得者は、毎月の給与から所得税が源泉徴収されていますが、1年間のその合計額と支払うべき年税額とは一致しないのが普通です。このため、源泉徴収税額の過不足分を精算する必要があります。この手続きが「年末調整」です。次のことに注意しましょう。

(1)年間所得38万円以上の人を扶養に入れることはできません。

所得が38万円というのは、例えば給与収入で言うと103万円になります。また、土地などの譲渡があった場合、所得が38万円を超えれば扶養に入れられません。

(2)配偶者の所得を把握しておきましょう。

配偶者の所得が38万円を超え76万円未満の場合は、配偶者控除でなく、配偶者特別控除の適用が受けられます。これは、配偶者の所得額に応じて9段階に控除額が分かれています。

(3)同じ人を2人以上が扶養することはできません。

子どもを両親のそれぞれが扶養に入れることなど、1人に扶養者が重複することはできません。