• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

高齢受給者証について

国民健康保険に加入している70歳以上の方には、75歳で後期高齢者医療制度の被保険者になるまでの間、「国民健康保険高齢受給者証」を交付しています。
医療機関で受診される場合には、保険証とともに「高齢受給者証」を窓口で提示してください。窓口で負担する医療費の一部負担金が2割または3割となります。

高齢受給者証の対象者
70歳の誕生日の翌月の1日(1日生まれの方は誕生日から)から75歳の誕生日の前日までの方

一部負担割合の判定について
毎年8月1日から翌年の7月31日までを有効期限と定め、前年の所得状況に基づき負担割合を判定しています。この判定には、町民税課税標準により「2割」か「3割」に判定されます。
「3割」に判定された方には、さらに基準収入額適用申請により、収入による再判定を行います。

【判定基準】
 国民健康保険に加入している70歳から74歳までの方の所得状況で判定します。

町民税課税標準額 収入額の基準 負担割合
70歳以上75歳未満の人が1人の世帯 70歳以上75歳未満の人が2人以上の世帯
145万円以上 383万円以上 520万円以上 3割
383万円未満 520万円未満 2割ただし、申請が必要です
145万円未満     2割

※町民税課税標準額が145万円以上で、国民健康保険に加入している70歳から74歳までの方が世帯に1人の場合で、同一世帯に国民健康保険から後期高齢者医療制度へ移行した75歳以上の方がいる場合は、それぞれの収入額の合計が520万円未満の場合は、申請により負担割合が2割になります。

上記で2割となっている方のうち、昭和19年4月1日以前に生まれた方は、特例措置により1割に軽減されています。

国民健康保険に関して、所得区分の判定は7月に行います。従って、高齢受給者証や限度額適用認定証などの有効期限は、8月1日から翌年7月31日となります。


高齢受給者証の更新は、毎年7月中に各対象者あてに発送します。