相談窓口

更新日:

新型コロナウイルス感染症の新しい相談・受診の流れ

 令和2年11月2日から、新型コロナウイルスに感染した疑いのある方、発熱等の病状があり、医療機関を受診される方は事前に電話相談をお願いします。
1.かかりつけ医がいる方はかかりつけ医に電話でご相談ください。
2.かかりつけ医がいない、休日や夜間、相談先がわからない方は

「北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター」に電話でご相談ください。

0120-501-507 (フリーコール)24時間相談窓口
■少なくとも、以下のいずれかに該当する場合はすぐにご相談ください
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
・重症化しやすい方※で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方や透析を受けてい
る方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
・上記以外の方で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
 症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合はすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。
■妊婦の方へ
 念のため、重症化しやすい方と同様に、お早めにご相談ください。
■お子様をお持ちの方へ
 小児については、小児科医による診察が望ましいため、かかりつけ小児科医院にご相談ください。かかりつけ医が決まっていない・わからない場合は健康相談センターへご相談ください。

福祉課保健福祉室保健推進担当 ☏25-2571

確定申告期限の柔軟な取り扱いについて

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、国において申告所得税(および復興特別所得税)、贈与税および個人事業者の消費税(および地方消費税)の申告・納付期限について、確定申告会場の、混雑緩和のため、感染拡大により外出を控えるなど期限内に申告することが困難な方については、期限を区切らずに、4月17日(金)以降であっても、柔軟に確定申告書を受け付けることとなりました。
 詳細については下記PDFまたは十勝池田税務署にご連絡ください。

確定申告期限の柔軟な取り扱いについて.pdf (113KB)

・十勝池田税務署☎015-572-2171 

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた方の国民健康保険税の減免について

町では、新型コロナウイルス感染症の影響により国民健康保険税の納付が困難になった一定の要件を満たす世帯に対し、申請により税額の減免を実施します。

 対象となる世帯の方

1.り患世帯~新型コロナウイルス感染症により、世帯主が死亡又は重篤な傷病を負った世帯の方 2.減収世帯~新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯主の収入減少が見込まれる世帯の方
※対象世帯に該当するかどうかは、減免の簡易フローチャート (114.9KB)で確認できます。

 申請の期間

 令和3年7月1日から令和4年3月31日まで

 申請の方法

 次の書類について、新型コロナウイルス感染症防止の観点から、郵送での提出をお願いいたします。書類様式はホームページからダウンロードするか、町に電話(保険担当 0156-28-3857)で請求して入手してください。

【全ての申請者が提出するもの】
▢世帯主の本人確認書類の写し(運転免許証、保険証などの写しを添付してください。)
▢国民健康保険税減免申請書(令和3年度)←下のリンクからダウンロードできます。

【り患世帯のみ提出するもの】
▢世帯主が新型コロナウイルス感染症にり患したことを証明する書類(診断書等)
【減収世帯のみ提出するもの】
▢令和3年分収入見込額申告書←下のリンクからダウンロードできます。

▢世帯主の、令和3年1月から申請日までの収入状況が分かるもの(帳簿、給与明細の写し等)
▢世帯主と収入のある世帯構成員(被保険者に限る)全員分の、令和2年の収入が分かるもの(確定申告書の写し、源泉徴収票の写し等)
【該当がある場合のみ提出するもの】
▢世帯主の事業収入等において、保険金や損害賠償等により補てんされるべき金額が分かるもの(保険契約書等)
▢世帯主が、事業を廃止または失業したことが分かるもの(廃業届の写し、退職証明書の写し等)
※提出の際は、申請書類チェックリストPDF (69.4KB)でご確認の上、提出してください。

新型コロナウイルス感染症による介護保険の第一号保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した場合などについて、介護保険料の減免が受けられる場合があります。 

新型コロナウイルス感染症に伴う減免の要件や対象保険料

 次の要件1または要件2のいずれかに該当する方について、対象保険料の一部又は全部を免除します。

○要件1
新型コロナウイルス感染症により、その属する世帯の主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った第一号被保険者
⇒ 保険料の全部を免除

○要件2
新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入のいずれかについて、前年から10分の3以上の減少が見込まれ、その減少が見込まれる所得以外の前年の所得の合計が400万円以下である第一号被保険者
⇒ 保険料の一部または全部を免除
※前年、今年ともに年金収入のみの方は、要件2の対象外です。

【対象保険料】
 1. 平成31年度(令和元年度)保険料のうち、令和2年2月1日~令和2年3月31日に納
   期限が設定されている保険料
 2. 令和2年度保険料のうち、令和2年4月1日~令和3年3月31日に納期限が設定されて
   いる保険料
 ※既にお支払いただいている保険料が減免となった場合は、減免額をお返しします。

新型コロナウイルス感染症に伴う介護保険料減免の申請方法

 以下の「介護保険料減免・徴収猶予申請書」「収入等申告書」および「その他の必要書類」を福祉課介護保険担当へご提出ください。
 申請は郵送でも可能です。お急ぎでない場合は感染拡大防止の観点から、郵送をご検討ください。(申請書等の様式は、介護保険担当からお送りすることも可能です。)

収入等申告書には、平成31年中と令和2年中の事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入)の金額の記入が必要な場合があります。確定申告書、源泉徴収票、通帳コピー、給与明細等を参考にしながらご記入ください。

その他の必要書類
○要件1で申請される方
PCR検査の結果通知書
措置入院勧告書
医師の診断書
など、新型コロナウイルス感染症に罹患したことがわかる書類
○要件2で申請される方
事業収入に係る収支台帳
確定申告書
給与明細、源泉徴収票
通帳コピー
廃業届、離職届、退職証明書(主たる生計維持者に退職や廃業があった場合)
など、令和2年の収入が平成31年に比べて減少したことがわかる書類
※主たる生計維持者の方に関係する書類となります。

申請後の流れ
 申請後、減免の該当・非該当の結果につきましては、後ほど福祉課介護保険担当より決定通知書をお送りいたします。
なお、減免に該当した場合、お支払い方法が特別徴収(年金から天引き)の方は普通徴収(口座振替または納付書による支払い)に変更となる場合があります。

問合せ先
 申請書等の郵送や相談をご希望の場合や、ご不明な点がある場合は、福祉課介護保険担当へ問い合わせください。

参考 介護保険の第一号被保険者の皆さんへ(介護保険料減免のご案内)PDF (101.6KB)

福祉課総合支援相談室介護保険担当
電話:0156-25-2141  FAX:0156-25-9201
Email:zaikai@town.ashoro.hokkaido.jp

 

新型コロナウイルスについて

より良いホームページにするためにアンケートにご協力してください。

質問:お求めの情報が十分掲載されていましたか?

質問:ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。