• 緊急当番医
  • 緊急時の連絡先
  • 災害時の避難所

ご意見・お問い合わせ 0156-25-2142 asho2141@town.ashoro.hokkaido.jp

新型コロナウイルス感染症に対する対策状況について

本町の新型コロナウイルス対策状況

下記の項目をクリックする事で目的の場所へ移動します。

新型コロナウイルス感染症対策本部の設置について

 新型コロナウイルス感染症の道内での感染が増加しているため、感染症対策に関しての必要な事項を定めて推進することを目的として、令和2年2月25日、町長を本部長とする「足寄町新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置しました。
 また、4月7日に政府新型コロナウイルス感染症対策本部が「緊急事態宣言」を発令したことに伴い、4月8日、この町対策本部を新型インフルエンザ等特別措置法に基づく対策本部に移行しました。

北海道からのお知らせ (詳細は下記画像をクリック)

6月以降の段階的緩和等について-1.gif

道内の発生状況や各種支援に関する情報は道のホームページをご覧ください。

北海道のホームページ

新型コロナウイルス感染拡大防止運動

北海道では感染拡大防止運動として、「北海道ソーシャルディスタンシング」を道民運動として展開することになりました。ご協力をお願いします。

ソーシャルディスタンシングとは~新型コロナウイルス感染を防ぎ、大切な人の命を守るために、咳エチケットなどに加えて、人と人との物理的な距離(互いに手を伸ばしても届かない距離)を保つ取り組みです。

・取組趣旨、知事メッセージ.pdf
・チラシ.pdf
・ロゴ、フットプリント、座席表示.pdf

足寄町は「7つの習慣化」に取り組みます

新北海道スタイル安心宣言(足寄町).gif

新型コロナウイルス接触確認アプリについて

 厚生労働省より新型コロナウイルス接触確認アプリがリリースされました。このアプリはスマートフォンの機能を利用して新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触の可能性がある場合に通知を受け取ることができるものです。陽性者と接触した可能性がわかることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。詳しくは厚生労働省ホームページにて確認し、希望者はご利用ください。
厚生労働省HP
足寄町役場 福祉課 保健推進担当 ☎0156-25-2571

各施設等の対応状況 

子育て施設 お問合せ先 子どもセンター ☎25-2574 

社会教育施設 お問合せ先 教育委員会 ☎25-3188 (6月2日から)

  • 町民センター  条件付き開館
  • 総合体育館   条件付き開館
  • 温水プール   条件付き開館
  • 生涯学習館   条件付き開館
  • 動物化石博物館 条件付き開館
  • 図書館     条件付き開館
  • 郷土資料館   条件付き開館
  • パークゴルフ場 条件付き開館
  • 屋外体育施設  条件付き開館
    なお、各施設に利用上の注意事項がございますので、教育委員会のホームページでご確認ください。
    ※感染症の発生・拡大によって、対応が変更となる場合がございます。

道の駅

道の駅あしょろ銀河ホール21
休館期間:4月29日(水)~5月6日(水)
対象施設:全館
※24時間トイレ、駐車場、自販機は利用できます。

道の駅足寄湖
休館期間:4月20日(月)~5月6日(水)
対象施設:スタンプ小屋、ドッグラン
※24時間トイレ、駐車場、自販機は利用できます。

休館中はどちらの道のスタンプの押印ができませんので写真での対応をお願いいたします。

新型コロナウイルスに伴う町内イベント等の対応について

町では新型コロナウイルス感染拡大予防のために、現在町内でのイベント等を中止および延期しています。町民の皆さまには、楽しみにされていた催しもあるかと思いますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

道内の最新感染動向

下記画像のリンクは道内の最新感染動向を確認出来るサイトです。
北海道・札幌市等のオープンデータを活用し道内の有志で作成されたサイトです。リンクは下記画像をクリック願います。(外部サイトになります。)

ogp.png

新型コロナウイルス感染症患者情報等の公表基準について

〇発生状況について
 患者調査等の対応は、法律に基づき北海道が行うこととなっているため、道内で確認された感染者につきましては、北海道から公表されます。 そのため、足寄町における感染症患者の情報を、町が独自に入手したり公表することは原則ありません。

新型コロナウイルス感染症の道内発生状況(北海道ホームページ)          

 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/kak/hasseijoukyou.htm

〇北海道の公表の考え方
・感染症の発生に関する情報について~患者本人や関係者の同意のうえ、個人情報の保護などに十分留意し公表する。ただし、公表することで特定の個人や場所などが判明し、プライバシーの侵害や住民の不安をいたずらに増大することにつながる情報は公表しない。

公表内容
公表内容.jpg

北海道の公表基準はこちら(外部サイトに移動します)http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/kak/singatakoronahaienkaigisiryou0217.pdf

・市町村への情報提供について~患者発生時に行政上の対応(休校、休館、窓口封鎖等)などの必要が生じた場合に情報提供されます。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(5月8日現在)

 相談・受診の目安が変更となりました。詳しくは下記の相談・受診の目安をご覧ください。
 なお、相談先は帯広保健所または北海道保健福祉部健康安全局地域保健課に連絡し相談してください。

相談受診の目安pdf

  • 帯広保健所 ☎0155-26-9084 平日 8:45~17:30
  • 北海道保健福祉部健康安全局地域保健課 ☎011-204-5020 24時間対応 

 詳細については厚生労働省のHPをご覧ください。

 厚生労働省HP

新型コロナウイルスを予防するための消毒液及びマスクの作り方について

-キッチンハイターなど、家庭用の塩素系漂白剤を使った消毒薬の作り方-
注意が必要になりますので役場福祉課保健推進担当にご連絡ください。
連絡先:役場福祉課保健推進担当 ☎25-2571

-マスクの作り方-
マスクの作り方については下記をご覧ください。
※どの程度予防に効果があるかは不明でありますのでその点だけ注意を願います。

クッキングペーパーマスクの作成方法.pdf
ハンカチマスクの作成方法.pdf

新型コロナウイルス感染症にかかる中小企業支援策について

新型コロナウイルス感染症の感染防止により、経営に影響を受ける中小企業向けに以下の支援があります。
連絡先:役場経済課商工観光振興室 ☎25-2141(内線252.251)

■経済産業省
経済産業省支援策
資金相談特設サイト
持続化給付金 農業製造業、飲食業、小売業など幅広い業種で、事業収入(売上)を得ている法人・個人の方が対象となります。農林水産業に従事されている方はこちら。
〇新型コロナウイルスで影響を受ける事業者様へ 支援策パンフレット.pdf 5月8日更新
〇経済産業省 新型コロナウイルス 事業者サポート Lineアカウント 

経産省事業者サポートLine.jpeg
↑資金繰りなどの支援内容を対話形式で確認でき、最新情報の通知を受けることができます。

■厚生労働省
新型コロナウイルス対策
「働く方と経営者の皆様へ」の欄に雇用調整助成の特例措置や小学校等の臨時休業等に伴う保護者及び事業者向け情報などがあります。
 雇用調整助成金についてはこちら、申請方法など動画での解説があります。

■財務省
新型コロナウイルス感染症関連情報 
新型コロナウイルス感染症で影響を受けている事業者向けの、資金繰りの支援(政策金融)など財務省としての対応を纏めたパンフレット(新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者の皆様へ~政策金融と国税の取組の御案内~)

■日本政策金融公庫
 「自質無利子化」となる、新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に業況悪化を来しているみなさまを対象とした「新型コロナウイルス感染症特別貸付」についてはこちら

■北海道
【経済部中小企業課】
各機関における新型コロナウイルス感染症関連支援施策等について【経済部中小企業課】

■その他ご相談は
〇足寄町商工会 ☎25-2236
 足寄町内の飲料店では、出前やテイクアウトを行っています。テイクアウト店一覧.pdf

確定申告期限の柔軟な取扱いについて

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、国において申告所得税(及び復興特別所得税)、贈与税及び個人事業者の消費税(及び地方消費税)の申告・納付期限について、確定申告会場の、混雑緩和のため、感染拡大により外出を控えるなど期限内に申告することが困難な方については、期限を区切らずに、4月17日(金)以降であっても、柔軟に確定申告書を受け付けることとなりました。
 詳細については下記PDFまたは十勝池田税務署にご連絡ください。

・確定申告期限の柔軟な取扱いについて.pdf

・十勝池田税務署☎015-572-2171 

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う公園利用について(6/24)

  北海道新型コロナウイルス感染症対策本部の新型コロナウイルス感染症対策に関する
 基本方針を
受けて、6月24日以降の公園利用の内容を次のように変更します。

※なお、本内容は新型コロナウイルスの状況により変更することがあります。
 足寄町ホームページで最新の情報をお知らせいたします。

1.公園を利用するときは次の事項をお守りください
(1) 国や北海道及び足寄町の新型コロナウイルス感染拡大防止対応等の方針や
    公園使用の制限を厳守してください。

(2) 症状がある、感染が疑われる場合は、外出はせず公園利用はしないでください。

(3) 公園利用においては、屋外でも他人との距離を2m取ってください。
    特に高齢者の方に対して2mの安全距離を確保しましょう。
    公園が込み合い2mの安全距離が取りにくい場合はご自身の安全のため
    利用は避けましょう。

(4) ソーシャルディスタンシングが確保できない場合はマスクの着用を行い、公園などに出か
    ける前後には手を洗ってください。手すり、遊具等みんなが触るものにはご注意ください。

(5) 公園内でおしゃべりや井戸端会議などを行うのは感染リスクが高い行為です
    のでやめましょう。グループで集まる際も感染予防対策を行いましょう。

(6)大勢で集まって飲食することや、公園のテーブル、イスなどみんなが触る
   箇所での飲食はやめましょう。

2.各公園の利用について
 表1 新型コロナウイルスに伴う公園施設等対応一覧(6月24日現在)(PDF)


3.里見が丘キャンプ場の利用について
 予約受付
  ・現在、居住地による制限なく予約できます。
 バンガローの予約
  ・当面の間、20人用のバンガローは10名が上限となります。

 バーベキューコーナーの予約
  ・当面の間、1グループ4名までの利用となります。
   また、1回の利用は2時間以内となります。


4.バーベキューガーデンの利用について
 予約受付
  ・現在、居住地による制限なく予約できます。
 BBQ棟の予約
  ・当面の間、1グループ4名までの利用となります。
   また、1回の利用は2時間以内となります。
   3密、ソーシャルディスタンシング、高頻度接触部位対策として1回に使える
   組数を制限します。

 野外BBQコーナーの受付
  ・当日に受付を行いますが、会場が込み合っている場合は利用することができません。
   (管理人で案内を行います)

 別紙1  バーベキューガーデン供用開始と利用方法について(6/24)(PDF)


5.連絡先  
  里見が丘キャンプ場、BBQガーデン(新設)について6月2日利用開始となります。

  連絡先(6月2日~10月31日

  10時~17時
  ・里見が丘キャンプ場  管理人   0156-25-6325
  ・里見が丘キャンプ場  不在時   0156-25-6131(あしょろ観光協会)

  11時~17時(月曜定休日、祝祭日の場合は翌日)
  ・BBQガーデン(新設) 管理人   090-6694-8358
  ・BBQガーデン     不在時   0156-25-6131(あしょろ観光協会)


6.これからの足寄町の公園・広場等の利用及び管理方法について
 別紙2 「新しい生活様式」・「新北海道スタイルの構築」に対応した
     これからの足寄町の公園・広場等の利用及び管理方法(6/24)(PDF)


足寄町役場 建設課 建設室
管理・都市計画担当
0156-25-2141

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置(案)について

 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置(案)では、新型コロナウイルス感染症のわが国社会経済に与える影響が甚大なものであることに鑑み、感染症及びその蔓延防止のための措置の影響により厳しい状況に置かれている納税者に対し、緊急に必要な税制上の措置を講ずることとしています。  詳細については財務省ホームページをご覧ください。

財務省ホームページ「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の
措置」(案)

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う公の施設利用について

 新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、施設利用について以下のとおり定めます。   (令和2年5月1日現在)

1対象施設名
 施設名.pdf 
 5月6日まで、全館 臨時休館としておりますが北海道内での発生状況を踏まえ、6月1日まで臨時休館を延長致します。

 ※なお、本内容は新型コロナウイルスの状況により変更することがあります。
  足寄町ホームページで最新の情報をお知らせいたします。

 足寄町役場 総務課 契約財産室
 財産管理担当0156-25-2141 内線343・344

新型コロナウィルスへの対応に伴う障害福祉サービス等(通所支援)の臨時的な取扱いについて

 本町では、道内においても新型コロナウィルス感染者が確認されたことを受け、令和2年4月9日付け厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課事務連絡「新型コロナウィルス感染症に係る障害福祉サービス等事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて(第4報)」において、障害福祉サービス等の提供の継続性の観点から、利用者の居宅等において健康管理や相談支援等のできる限りの支援の提供を行った場合、事前に届出を提出し本町がやむを得ないと判断した場合は、通常の提供しているサービスと同等のサービスを提供しているものと認め、報酬の対象とします。

「新型コロナウィルスへの対応に伴う障害福祉サービス等(通所支援)の臨時的な取扱いについて」(通知).pdf

様式1「新型コロナウィルスへの対応に伴う障害福祉サービス等(通所支援)における在宅支援に係る届出書」.xlsx

様式2「新型コロナウィルスへの対応に伴う障害福祉サービス等(通所支援)在宅支援実績報告書」.xlsx

自宅で「フレイル予防」の体操を行いませんか?

 新型コロナ感染拡大防止のため外出自粛が要請されていますが、長期に渡る外出自粛により「動かない生活」が続くと、生活不活発となり健康への影響が危惧されます。特に高齢の方はフレイル(虚弱)になることで、疲れ易くなり、歩くことや身の周りのことが行いにくくなり、体の回復力や抵抗力も低下します。  そこで、フレイルを予防するため自宅で取り組める体操をご紹介いたします。

1. 「ニコニコ体操」(足寄町オリジナル体操)
町で作成したオリジナル体操です。楽しく、気持ちよく、無理なく続けられる内容で、座って行うこともできます。  
  ・基本編(4分54秒)
  ・応用編(3分41秒)
  ・基本応用通し編(7分43秒)

2. 「いきいき百歳体操」
高知県が開発した、筋力アップを目的とした体操です。おもりを使い、椅子に座って行います。  
  ・いきいき百歳体操(簡易版:約24分) 

 「ニコニコ体操」「いきいき百歳体操」とも、希望される方にはDVDを配布いたします。
 
問い合わせ先
足寄町役場福祉課 地域包括支援センター 電話25-9200(直通)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた方の国民健康保険税の減免について

 町では、新型コロナウイルス感染症の影響により国民健康保険税の納付が困難になった一定の要件を満たす世帯に対し、申請により税額の減免を実施します。

◆対象となる世帯の方

1.り患世帯~新型コロナウイルス感染症により、世帯主が死亡又は重篤な傷病を負った世帯の方2.減収世帯~新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯主の収入減少が見込まれる世帯の方※対象世帯に該当するかどうかは、減免の簡易フローチャート(PDF)で確認できます。

◆申請の期間

 令和2年7月1日から令和3年3月31日まで

◆申請の方法

 次の書類について、新型コロナウイルス感染症防止の観点から、郵送での提出をお願いいたします。書類様式はホームページからダウンロードするか、町に電話(保険担当 0156-25-2141 内線 210・215)またはメール(アドレス:hoken@town.ashoro.hokkaido.jp)で請求して入手してください。

【全ての申請者が提出するもの】
▢世帯主の本人確認書類の写し(運転免許証、保険証などの写しを添付してください。)
▢国民健康保険税減免申請書(令和2年度)←下のリンクからダウンロードできます。
減免申請書 PDF  減免申請書(記載例)PDF
【り患世帯のみ提出するもの】
▢世帯主が新型コロナウイルス感染症にり患したことを証明する書類(診断書等)
【減収世帯のみ提出するもの】
▢令和2年分収入見込額申告書←下のリンクからダウンロードできます。
収入見込額申告書 PDF  収入見込額申告書(記載例)PDF
▢世帯主の、令和2年1月から申請日までの収入状況が分かるもの(帳簿、給与明細の写し等)
▢世帯主と収入のある世帯構成員(被保険者に限る)全員分の、令和元年の収入が分かるもの(確定申告書の写し、源泉徴収票の写し等)
【該当がある場合のみ提出するもの】
▢世帯主の事業収入等において、保険金や損害賠償等により補てんされるべき金額が分かるもの(保険契約書等)
▢世帯主が、事業を廃止または失業したことが分かるもの(廃業届の写し、退職証明書の写し等)
※提出の際は、申請書類チェックリスト PDFでご確認の上、提出してください。

◆減免額の計算

1.り患世帯~国民健康保険税の全額を免除します。
2.減収世帯~国民健康保険税の一部を減額します。ただし、次の要件をすべて満たす必要があります。
 ▢世帯主の、今年の見込み事業収入等(事業、不動産、山林又は給与収入)のいずれかが、
 前年のその収入に比べて3割以上減少する見込みであること
 ▢世帯主の、前年の所得の合計金額が1,000万円以内であること
 ▢世帯主の、減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が400万円以内であること
次の計算式で算出した額を減免額とします。
減免額計算式.jpg
※減免割合の適用表
減免割合の適用表・計算例.jpg

◆減免の対象外

 世帯主について、次に当てはまる場合は減免の対象外となります。
 ●今年の見込み事業収入等のいずれかが、前年のその収入に比べて3割以上減少する見込み
  がない。
 ●前年の所得の合計金額が1,000万円を超えている。
 ●減少が見込まれる種類の所得以外の、前年の所得の合計額が400万円を超えている。
 ●前年の所得について未申告である。
 ●減少が見込まれる収入に係る前年の所得額が0円以下である。
 ●勤務先の倒産や解雇などでやむを得ず離職(非自発的失業)した。

◆減免審査の期間と減免決定後

 全額免除の決定を受けた世帯は、国民健康保険税の納付の必要はありません。
 一部減額の決定を受けた世帯は、減額後の国民健康保険税を納付することになります。

 なお、申請書類を受付してから決定までは一定の期間を要しますので、その間に納期限が到来する国民健康保険税につきましては、納期限内に納付してください。減免決定後に税額が減額された結果、納め過ぎとなった場合はご指定の口座に還付します。

◆解雇や倒産など自己都合以外での離職について

 新型コロナウイルス感染症の影響に関わらず、勤務先の倒産や解雇、事業規模縮小のための人員整理などでやむを得ず離職した場合は、本減免の対象外となりますが、特例対象被保険者(離職時に65歳未満であり、雇用保険受給資格者証に記載の理由欄コードが「11.12.21.22.23.31.32.33.34」のいずれかに該当している方)として国民健康保険税の一部が軽減されます。
 その場合、別途「特例対象被保険者等申告書」を提出する必要があります。詳しくはお問い合わせください。

詳細:住民課住民室保険担当 TEL 0156-25-2141 内線210・215